In the Darkness

6月から7月にかけての蒸し暑くなってくる季節、
日本では昔から闇の中、蛍の飛び交う様子を観て楽しむ習わしがあります。
約10日間と言う短い期間、蛍の乱舞は続きます。
彼らの発光は繁殖活動、求愛の徴です。
その「愛の光」を観ている人々の顔には一様に笑みが溢れます。
人々のココロにも暖かい「愛の光」が宿っている事でしょう。

私は彼らの絞り出す様な淡い光のダンスをカメラにギュッと閉じ込めて
東京の家に持ち帰ります。そして真っ暗な暗室の中、
大きな紙の上に「愛の光」を再現するのです。

From June to July, as the season becomes humid and hot, there is a
custom to enjoy watching the flight of the fireflies in the darkness in Japan.
These boisterous dancing movements last only for ten days. The fireflies'
lights are for propagation, symbols of courtship.
Those watching these "love lights" are filled with happiness.
The "love lights" will also flicker in people's hearts.

I capture these elegant dancing lights in my camera and carry them home to Tokyo.
And recreate this "love light" on a big sheet of paper in the darkness of my darkroom.

从6月开始到7月,是天气逐渐转热的季节
在日本的传统习俗中,人们喜欢在黑暗中看萤火虫飞舞的样子
大约在短短的10天内,可以看到萤火虫交错飞舞
它们的光亮是繁殖和求爱的信号
观看那"爱之光"的人们都充满笑容
这温暖的"爱之光"也感染了在观看它的人们

我将它们用生命挤出的一点点光芒摄下封进相机
带回了在东京的故乡。接着在黑暗的暗室中
将这"爱之光" 还原到了相纸上